ドラクエ11プレイ日記vol.15:最後の砦・デルカダール城

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラクエ11プレイ日記vol.15

前回は、命の大樹にたどり着いたものの勇者のつるぎをウルノーガに奪われ世界が闇に包まれてしまうところまで進みました。

魚になったりといろいろありましたが、再び旅を続ける主人公。

崩壊後の世界では何が待ち受けているのか??

ということでドラクエ11のプレイ日記vol.15を書いていきたいと思います。

※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
Copyright (C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

1.最後の砦

主人公を拾ってくれた漁師アラーニによると、既に世界は闇に包まれ、太陽の光も降り注がなくなっているとのこと。

闇に包まれた空には魔物がたくさん飛んでいます。

魔物たち

いつの間にか世界は大分やられちまっているようです。

そして、アラーニは助けてもらうには最後の砦にいる英雄を頼るといいと言います。

ということでまずは最後の砦を目指します。

現在地はデルカコスタ地方、最後の砦はイシの大滝を西に行ったところにあるようです。

デルカコスタ地方地図

ということは、イシの村が最後の砦になってるのかな?

地図を見るとやはりイシの村の場所が最後の砦という名前になっています。

デルカダール地方地図

崩壊した村を拠点にしているのか。

イシの村の場所に着くと扉がありそこを開けるとまるでルキのような犬が待っていました。

ルキ?

しかも砦まで案内してくれるようです。

着くとそこは崩壊したイシの村ではなく火の見やぐらがあったりと完全に武装した砦となっています。

最後の砦

するとその先には見知った顔が見えます。え?もしかして?

エマ

エマだぁぁーーー!!生きてたんか!!

もしかして前みたいに幻想??いやこれは現実のようです。

ルキ

ルキみたいな犬もまさにルキでした!いやあ良かった、良かった!

話を聞いてみるとホメロスは最初村人も皆殺しにするつもりだったのですが、あの方がそれを止めてくれたようです。

これまではお城に閉じ込められていたとのこと。あの方はおそらくあいつでしょうが、よくやった!!

そして、エマは主人公のことを誰よりも待っていた人がいるので会いに行こうと言います。

もしかして母ちゃんか?

ぺルラ

母ちゃんも生きてたぁぁーー!!

てっきり主人公も死んでしまったのではないかと思っていたという母ちゃん。無事に主人公と会うことができて涙を流しています。

母ちゃんもあの方が助けてくれたからここにいるとのこと。もはやイシの村だけでなく世界中から助けを求めてこの砦に集まっているようです。

しかし、その中にはあのデルカダール王もいるとのこと。

いろいろあったけど主人公はデルカダール王に会うべきだと母ちゃんは言います。

ええ…。でも、あいつムカつくしなあ…。というかあいつが元凶やん。

母ちゃんが言うので仕方なくデルカダール王に会いに行きます。

デルカダール王

デルカダール王に話を聞くと、王は主人公が生まれたその日から長い夢を見ていたとのこと。その間に悪行を重ねてしまったと。

そんな前から操られてたんかい。ならしゃーないか…。

とここで兵士の一人が英雄が帰ってきたと報告します。

帰ってきたのはやはりグレイグ

グレイグ

あの方、そして、英雄とはグレイグのことでした。

グレイグは帰還早々魔物がこの砦に来ると言います。

魔物を追い払うのに力を貸してくれというデルカダール王。王様に言われたら断る理由もありません。というかエマも母ちゃんもいるし守んなきゃな!

砦の外に出て兵士たちと魔物が来るのを待っていると…

魔物の軍勢

うわっ!めっちゃ来た!!

異様な数の魔物たちが砦に向かって突進してきました!しかし、主人公たちはこれをなぎ倒していきます。

バッタバッタと倒していくと何やらボスっぽい奴が来ました。

ゾンビ師団長

ここでこのボスっぽい奴、ゾンビ師団長との戦闘です。

ですが、ゾンビ師団長はたいして強くありません。しかも、戦闘にはグレイグも参加していて主人公への攻撃もかばってくれるのでかなり楽勝に倒すことができました。

ゾンビ師団長を倒すと残った魔物たちは逃げていきます。

これでこの戦いは勝利!というところで王様が主人公とグレイグを呼んでいるとのことでそこに向かいます。

デルカダール王

王様は二人の強さを見て今度は光を取り戻すためにこちらから仕掛ける時だと言います。

魔物の巣窟とかしたデルカダール城に潜入して、闇を生み出す魔物を討伐する作戦のようです。

しかし、主力の二人が城に向かったら砦の方が心配です。ですが、何とか持ちこたえると答える王。

王様にそう言われれば信用する以外ありません。ということでグレイグと共にデルカダール城へと向かうこととなりました。

2.デルカダール城

デルカダール城へはナプガーナ密林を越えてさらに北にあるデルカダールの丘へ行き、そこから地下水路を通っていきます。

デルカダールの丘地図

地下水路とはかつてカミュと一緒に脱獄した時に使った水路です。こんな形で再び訪れることになるとは…。

デルカダール地下水路

デルカダールの丘からすぐ入ったところには水路への入り口ともう一つ別れ道があります。

デルカダール地下水路地図

気になるのでそこを通ってみると…

ブラックドラゴン

カミュと来た時に出たブラックドラゴンやん!怖すぎる!

ここは進むべき道じゃないな!速攻逃げます。

素直に水路を進みます。水路は大して大きくないので進む道も簡単です。

水路を抜けるとデルカダール地下牢獄、そこを抜ければやっとデルカダール城です。

ここに潜む魔物はおそらく玉座にいるはず。ということで玉座に向かう階段に行きますが壊されている様子。

玉座への階段

どうにかして玉座へと向かえないかと道を探していると外に大樹の根を発見しました。

大樹の根

これで過去を見れば何かわかるかも?ということで早速触れてみます。

するとグレイグとホメロスの若かりし頃のイメージが浮かんできます。

二人はデルカダールに伝わるデルカダール盾を見たくて王の私室に入れないかと考えています。

ホメロスとグレイグ

するとホメロスが以前王が食器棚の裏から顔を出してつまみ食いしていたのを見たとのこと。

ということは台所から王の私室へとつながる道があるはず…というイメージでした。

ということで北側にある台所へと向かい食器棚を動かします。

すると階段を見つけました。

隠し階段

ここから玉座へと向かうことができる!ということで進んでいくと玉座には憎きホメロスの姿が!

ホメロス

なにやら魔王チックな服を着ていますがダサい奴ですホメロスは。

グレイグはなぜ魔王に魂を売ったのか、その理由を問いただします。

ホメロスはグレイグがいつも自分の前を歩んでいることが気に食わなかった様子。

魔王ならそんな自分をも認めてくれる。だから魔王についたのだと。

結局嫉妬かよ、情けない奴め。

ここで成敗してくれるわ!と思ったらホメロスは空を飛んでどこかへ行ってしまいました。

これで終わり?と思っていたらなにやら玉座からエネルギーを感じます。

ゾルデ

出てきたのは、六軍王の一人、屍騎軍王ゾルデ。なんかホメロスのあとだと雑魚キャラに見えるな笑

こいつが世界を闇に覆っていた張本人。ということでこいつを倒すべく戦闘に入ります。

雑魚キャラかと思ったらその強さは本物。結構強いです。

ソードガードで武器攻撃を回避してきたり、通常攻撃やなぎ払いで物理攻撃も食らわしてきます。

他にもドルクマという呪文で80くらい食らわしてきたりと攻撃が多彩です。

しかも自身の影を生み出してきてバイキルトをしたり、連携技、クロスドルクマを繰り出してきたりします。クロスドルクマは全体に70くらい効きます。

しかし、こちらのレベルは既に40にも達していましたので負けてもいられません。

さらにこちらには覚えたばかりのギガスラッシュもあります。

回復しながらギガスラッシュ、そして、はやぶさぎりを本体に食らわしていると無事倒すことができました。

ゾルデを倒すとパープルオーブを取り返すことができました。

ん?ということは6つのオーブ全部取り返すの?結構ダルそうだな…。

そして、ゾルデを倒したことで空を覆っていた闇も晴れていきます。

闇が晴れた!

デルカダール城潜入作戦は無事完了!空の闇も取り除いたことだし最後の砦へと凱旋です。

しかし、最後の砦に着いても誰も迎えてくれないばかりか、王もおらず人っ子一人見あたりません。

もしかして、デルカダール城に潜入している間に全滅してしまったのか…?嫌な予感がします。

さらに砦の奥に行ってみると…

砦の住民

砦の住民が歌を歌い、楽器を鳴らしながら歩いてきました!全滅したのではなく皆で揃って英雄の凱旋を祝っていたのです。

帰還した主人公とグレイグを労う王や住民たち。王は主人公にこの世界に、ロトゼタシアに光を取り戻してくれといいます。

そして、グレイグも自分の道を決めたのだろうと問います。グレイグが決めた道とは勇者である主人公の盾となること。そう、主人公についていきたいというのです。

ソフトのパッケージに載ってないからてっきりここでお別れかと思ってたわ笑

ということで主人公一人という寂しいパーティーにグレイグが参戦することとなりました。

グレイグ

さてこの先の目的地ですが、王はロトゼタシアには北のゼーランダ山と並ぶ霊山、南のドゥーランダ山があり、その山頂の住民は勇者とゆかりがある者らしい、ということで会ってみてはどうかと言います。

会えば魔王を倒す助けを得られるかもしれない、となれば行くしかありません。

ということでグレイグを新たに仲間に加えドゥーランダ山へと向かう主人公たちなのでした。

まとめ

以上、ドラクエ11プレイ日記vol.15を書いてきました。

まさかのグレイグが仲間になりましたが、勇者と戦士でバランスが非常に悪い…。

しかも回復役は主人公だし、せっかく覚えたギガスラッシュも使いづらいです。

早くベロニカとセーニャが仲間になってくんないかな…。というか他の仲間たちはどこで何してるんだろ。

早く合流してえ!次のドゥーランダ山には誰かいるんだろう!そうでなきゃやってられん!

ということで次はドゥーランダ山を攻略するところからスタートです。

では、次回またお会いしましょう!

ドラクエ11プレイ日記vol.16:ドゥーランダ山・ドゥルダ郷・冥府

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする