ドラクエ11プレイ日記vol.23:ホムラの里・ヒノノギ火山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラクエ11プレイ日記vol.23

前回は、サマディー王国でガイアのハンマーを、天空の古戦場でオリハルコンをゲットするところまで進みました。

勇者のつるぎを作るためにはあとは鍛冶場の火山のみ!ということで近くのホムラの里へと向かいます。

いよいよ勇者のつるぎは完成するのか??

ということでドラクエ11のプレイ日記vol.23を書いていきたいと思います。

※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
Copyright (C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

1.ホムラの里

伝説の鍛冶場についてホムラの里で情報収集しようとするも、今はそれどころじゃないとさえぎられてしまいました。

ホムラの里

村人によると近くに化け物が出て大変なことになっているようです。

詳しくは村の長であるヤヤク様に聞けということらしいです。

ということで階段を上ってヤヤク様のところまで向かいます。

社につくとそこでは部下がヤヤク様に報告をしているようで、化け物に襲われた神官が参ってしまっていて儀式ができないとのこと。

その話を聞いてキレるヤヤク様。

ヤヤク

ヤヤク『このたわけがっ!!』

ケガさえなければ化け物なんざ退治してやるのにと悔しがるヤヤク様ですが、主人公の存在に気づき化け物討伐を依頼します。

よしきたと快く承諾する主人公。とりあえずこの化け物騒ぎをどうにかしないと皆鍛冶場について教えてくれなそうだしな。

2.ヒノノギ火山

早速里を出てヒノノギ火山に向かいます。

ヒノノギ山

ヒノノギ火山はホムラの里を出て西に行ったすぐのところにあります。鳥居をくぐって山道に行くとそこはが充満しています。

そして、奥から『立ち去るのだぁー!!』という声がします。

化け物?

どっからどう見ても偽物なんだが…。これはツッコんでいいところなのだろうか…。

立ち去れと言われてもこちとら討伐に来たもので断固断るシルビア。

シルビア

こういう時は頼りになるぜ!

明らかにビビらない主人公たちを見て困惑した化け物?は慌てたのか身体が揺れてしまい正体をあらわにしてしまいました。

化け物から出てきたのは子供二人。話を聞いてみるとこの二人はヤヤク様に儀式をやらせたくないんだと言います。

そして、腕っぷしの強そうな主人公たちを見て何やらお願い事がある模様です。

ということで秘密基地まで来てくれという子供たち。

その秘密基地に行くと子供たちのお母さんも一緒にいました。

テパの母さん

話を聞いてみるとヤヤク様がこのお母さんを火の神様への生贄にしようとしているようです。

だから、儀式を行えないように化け物に扮して脅かしていたとのことです。

人間を生贄にするなんてなんかおかしい、ヒノノギ火山で何か秘密があるのではと疑う子供のテパ。それを暴きたいということで主人公たちの力を借りたいようです。

ここまで言われて断るわけにもいきません。

テパを連れて火山の奥へと進んでいく主人公たち。

すると行った先で驚くべき姿を発見します。

人食い火竜

そこには人食い火竜の姿が!

人食い火竜はヤヤク様が倒したと里では言われていました。しかし、そこには明らかに人食い火竜がいます。

これを隠していたんだと察するテパ。早速里に戻って報告に行きます。なんか里の皆にチクるみたいで気が進まんなあ…。

3.ホムラの里

里のヤヤクの社に着くと大声をあげて報告するテパ。人食い火竜はまだ生きていたと。ヤヤクに自分だけ助かるために里の皆を売ったんだろうと核心をつきます。

テパ

ヤヤクとともに火竜を倒しに行ったヤヤクの息子、ハリマも生贄にしてしまったんだろ!とさらに続けるテパ。

これは絶対裏がある。だから大人をいじめるのもそろそろやめなさい。

これを聞いて怒るヤヤク様。

ヤヤク

火竜は確実に息子ハリマが倒したと言いきります。そこで刺し違えてハリマは死んだのだと。

早く生贄を渡せとさらに怒るヤヤク様。これ以上ヤヤク様を怒らせるなテパよ…。

すると外の方でグオォーンという不吉な鳴き声が聞こえます。階段を下りて里の広場へと向かう主人公たち。

そこにはやはり人食い火竜の姿があります!

人食い火竜

ボウガンで応戦する里の者たち。このボウガンがなかなか効いているようで苦痛な鳴き声を上げる火竜。ですが、そこにヤヤク様が間に割り込んできます。

火竜をかばうヤヤク様。どういうこっちゃとみんなが思っているところなんと、なんと…、

ヤヤク死亡

ヤヤク様が人食い火竜に食べられたぁーーー!!!

デンデンデンデンデンデンデンデンデッデレ♬

※グロイシーンの映像はありませんでした。

ヤヤク様を食べても収まらない火竜ですが、そこには主人公たちがいます。やっと出番かよ…というかんじで戦いを挑むとすぐに倒れる火竜。やられた火竜は飛び立って火山へと帰ってしまいました。

追ってやっつけないとまた里を襲いに来るよと言うテパ。確かにそうだけどよう…、ヤヤク様にはなにか裏があるに違いないぜ?

そう思ってはいますが言い出せずテパの言う通りに動く主人公。火山に行くには山門のカギが必要でそのカギはヤヤク様の侍女が持っているので取りに行こうと言います。

早速社へ行き侍女に会ってみるとすぐにカギをくれました。そして、それだけでなくヤヤク様の手記があるのでこれを読んでほしいと言います。

ヤヤクとハリマは火竜を本当に倒していたのですが、火竜は断末魔に黒い瘴気を噴き上げてそれをハリマが浴びてしまいました。

その瘴気は火竜の呪いでハリマの姿はだんだんと火竜へと変化していってしまいました。里で隠しきれなくなったハリマですが、このまま里の者に知られたら殺されてしまう、ということでハリマは戦いによって死んだことにして火山へと隠すことにしました。

ハリマを元に戻す方法を探っていたヤヤクは遂にその方法を見つけ出します。それは真実の姿を映すというやたの鏡です。

やたの鏡

これで治ると思いハリマを映しても元には戻らない…。真の使い方がわかるまでは肌身離さず持っていることにしたようです。

確かに首元に何か鏡みたいのしてあったな…。ということはヤヤクをそのまま食べた火竜の腹の中にその鏡があるのか…。

4.ヒノノギ火山

真実を知った主人公たちとテパ。しかし、もはや完全に火竜と化したハリマを放っておくことはできません。ということで再び火山に向かいます。

山門のカギを使い火山の奥へと進んでいくと結構すぐに火竜に出くわしました。ここで人食い火竜との戦闘です。

人食い火竜

これがまた強ええんだ…。

通常攻撃は80ほど、火球の連続攻撃で170ほど、ガードクラッシュで100ほど食らい守備力低下と攻撃力がまあ高い。しかもこれが毎ターン3回行動とくればもうお手上げです。

これまでのようにロウ一人での回復では抑えきれないのでセーニャを呼び出し、回復役二人で応戦します。

バイキルトもたくさんしたいけどまずは回復に徹しながら主人公とグレイグで地道にダメージを与えていきます。すると何とか倒すことができました。マジでぎりぎりだった…。

火竜を倒すとお腹のあたりから光が漏れ出します。するとどこからともなく声がします。

終わりだ。悪しき火竜よ。やたの鏡のチカラの前に滅するのだ…!

すると光の中から死んだはずのハリマが現れてきました。

ハリマ

しかし、長く火竜になりすぎたためもう残りわずかな命となっている模様。そこで自分の母、ヤヤクにこう伝えてくれと頼みます。

これで里は救われたと。そして…いつまでも幸せにと…。

ジーンとくるじゃねえか…。

これを見て反省するテパ。テパが母親を助けたかったのと同様にヤヤクもただ息子を助けたかっただけ。二人に大きな違いはないのです。

このことを里へと報告に行く主人公たち。

ヤヤクという長もおらずこれからどうしていけばいいのか迷う里の者たち。ですが、テパは言います。

英雄も神様も助けてはくれないけど…、これからはおいらたちでがんばっていこう!と。

成長したなテパよ…。

これにてホムラの里の化け物騒動は一件落着となりました。

はて、この里には何しに来たんだっけ?

そうだ、伝説の鍛冶場やんけ!

早速鍛冶場について里の人に聞くと侍女が知ってるんじゃね?とのこと。

ということで侍女に聞くと

『炎の山の山頂にて聖なる種火を投げ入れし時はるかいにしえより伝わる大いなる鍛冶場がよみがえるだろう』

という伝承があり、そのため山頂は禁足地とされていたとのこと。

里を助けてくれたアンタならということで簡単に禁足地のカギをくれる侍女。ということで禁足地へと向かいます。

5.禁足地

禁足地はヒノノギ山に入ってずっと北に行ったところにあります。

しかし、禁足地にはいったもののそこはマグマがうごめく崖。そこで、聖なる種火を使うと…

伝説の鍛冶場

鍛冶場がマグマから浮き出てきました!

鍛冶場も現れたので早速オリハルコンガイアのハンマーで叩きます。

伝説の鍛冶場

トンテンカンテンハンマーを~♬

主人公が心地よく打っていると仲間たちが俺たちも打たせてくれ!と言ってきます。

シルビア

テンション上がってんなみんな!!

そして、遂に完成間近となる勇者のつるぎ。

勇者のつるぎ

ハンマーで打ってただけなのにどうやってその装飾施したんだよ。

すると手のあざが反応し天から雷がつるぎへと降ってきます。

するとようやく完成です!

勇者のつるぎ

さすがにかっちょいい!!

これで勇者のつるぎも手に入れたことだし次の行き先は天空魔城のみ!

ということで次はラストダンジョン天空魔城へと向かいます!

まとめ

以上、ドラクエ11プレイ日記vol.23を書いてきました。

遂に、遂に勇者のつるぎゲット!!

あと一歩のところでウルノーガに奪われた勇者のつるぎでしたが、まさかの自分で作るという展開に驚きです。

そして、いろいろなお使いを頼まれながらも素材を集めた結果完成する勇者のつるぎ。ちょっと感動しますね。

いよいよ次はラストダンジョンである天空魔城です。これまで長かったなあ…。もう40時間くらいプレイしてます。

いくらプレイ日記書くために時間がかかったとはいえプレイ時間長すぎじゃね?結構なボリュームがあるストーリーです。

ラスボスはこのままいくとウルノーガで間違いないですが、ウルノーガは果たして第何形態まであるんでしょうか。個人的には第3形態くらいまであると楽しめるんですが…。

ということで次はラスボスを倒しに天空魔城へと向かいます。

では、次回またお会いしましょう!

ドラクエ11プレイ日記vol.24:天空魔城

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする