ドラクエ11プレイ日記vol.3:ナプガーナ密林・イシの村(2回目)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラクエ11プレイ日記vol.3

前回は捕まったデルカダール王国から脱獄しレッドオーブのありかが判明するところまで進みました。

ようやくイシの村に戻れるわけですが、エマやぺルラは果たして無事なのかどうか。

ということでドラクエ11のプレイ日記vol.3を書いていきたいと思います。

※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
Copyright (C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

1.ナプガーナ密林

イシの村に行くにはナプガーナ密林を通って行かねばなりません。

ナプガーナ密林は導きの教会から南西に行ったところにあります。

①

ナプガーナ密林も結構狭めな場所なので進むのは簡単です。そのまま南に移動しキャンプができるところまで進みます。

途中ベビーパンサーが現れました!

ももんじゃと同じでめっちゃ可愛い…。あんまり倒したくいないです笑

②

何体かモンスターを倒してキャンプで泊まります。するとカミュとの会話イベント。

③

カミュが以前デクと見つけたお宝をくれるそうです。

④

その名も不思議な鍛冶台

やっぱり錬金窯みたいのあった!これで素材を使いいろんな武器防具が作れるというものです。

試しに青銅の剣をつくってみましたが失敗…。出来の悪い青銅の剣を手に入れましたが装備はできる模様。

なんかハンマーでたたくとゲージが溜まりそれに合わせて失敗か成功が決まるようですがいまいち感覚がつかめていません(^^;

何回かやっていればコツがつかめるかな…。

でも、これでいろんな武器防具をつくれるようになりました。素材集め頑張るぞ!!

ということでキャンプも終わり散策を開始するとすぐにを見つけました。近くに小屋もあるのに犬以外誰もいません。

しかも先に進もうと思っても橋が壊れてしまっていて通れません。

⑤

仕方なく犬について行ってみると光る木の根のようなものがあります。

⑥

それに触れると何やらイメージのようなものが浮かんできます。

⑦

木こりのオジサンが何度も橋を直しては壊されを繰り返しているようです。

⑧

橋を壊しているのはいたずらデビルというモンスターのようです。しかも今度は橋を壊すだけでなく木こりのオジサンをに変えてしまったようです。

さらに今度は宝箱の中で待ち受けて開けた奴をびっくりさせようとしている模様。

とこのようなイメージが浮かんできました。

これが本当ならこの犬は木こりのオジサン。本当かどうか確かめるためいたずらデビルが隠れている宝箱を探します。

宝箱はキャンプ場から北西の端っこにありました。

⑨

⑩

開けてみるとイメージ通りいたずらデビルが入っていました!

⑪

早速いたずらデビルとの戦闘です。

いたずらデビルできついのはギラ。ギラを唱えると二人に15ほどのダメージを食らってしまいます。あとは通常攻撃ぐらいでさほど強くはありません。

ダメージを食らったら主人公がホイミで回復してこちらも攻撃を加えていきます。

ちょうど二人ともゾーンという8でいうスーパーハイテンションのような状態となったので連携技を使います。

連携技とはその名の通りゾーンに入ると使える連携攻撃です。

⑫

覚えている連携技はシャドウアタック。これで主人公とカミュが連続で攻撃を与えます。

これをくらわすと無事倒すことができました!

いたずらデビルを倒すと犬は木こりのオジサンへと姿が戻ります。姿が戻って喜ぶ木こりのオジサン。お礼にと壊れた橋を直してくれるようです。

⑬

きれいに直ってる!!さすが木こり!

木こりのオジサンは橋を直すとともに先ほど過去のイメージが浮かんできた光る根のようなものについても話してくれました。

この世界の真ん中には浮いている大きな樹、命の大樹がありますが世界中に張り巡らされた大樹の根っこが先ほどの光る根のようです。それに大樹に選ばれた勇者が触れると反応し過去のイメージが見えるとのこと。

ここでこのような説明があるということは今後も現れるのかな?

これでナプガーナ密林ですることはほぼ完了。あとは抜けてイシの村を目指すだけです。

イシの村があるデルカダール地方に行くには直した橋を渡って東側に進む必要があります。

地図通り進んでいくと懐かしいデルカダール地方です。

⑭

そこから南に行けばすぐイシの村です。やっと帰ってきた!早くエマに会いたい!!

2.イシの村

早速イシの村に入りとりあえず入り口のすぐそこにいたオジサンに話しかけます。すると思いもよらぬ反応が…。

⑮

『…え?あんたがこの村の出身だって?ハッハッハ!何バカなこといってんだ。お兄ちゃん面白い人だなあ。』

え???

もしかして主人公だとわかっていない?どういうことなんでしょう悪い予感がします。

冒険に出る時はあんだけ盛大に見送ってくれたのに主人公のことを忘れているなんてことは起こるはずもありません。というかオジサンには主人公の記憶がないのか。

もしかして主人公のこと忘れてしまったのか??嫌な予感がします。

不安になって自宅、母親ぺルラのところに急いで向かいます。

⑯

自宅に入るとぺルラは元気そうにシチューをつくっています。ぺルラに話しかけるとなぜかびっくりしている様子。

⑰

自分が主人公だと伝えるとまさかの返答が…。

⑱

『な…なに言ってるんだい!?うちの子はまだ6歳だよ!』

え??6歳??

ということはここは過去のイシの村ということか?

話してみてもぺルラは主人公のことを怪しい奴だと思い取り合ってくれません。追い出されてしまった主人公は家を出て村の中央付近に向かいます。

すると今度は子犬とともに泣いている少女の姿がそこにはあります。

もしかして…、エマか?

⑲

この少女はスカーフが木に引っかかってしまい泣いている様子。

⑳

取ってあげて自分が主人公であると名乗ると同じ名前の少年がいるとの反応。もしかして会いたいの?ということでその子のもとへと案内してくれる小さなエマ。

エマについていき川のあたりまで行くとそこには主人公に似た少年と死んだはずの育ての親であるおじいさんの姿があります。

21

おじいさんは主人公のことを見つけると小さな主人公とエマをどこかに行かせます。

22

おじいさんは大きい主人公のことが分かっている様子です。

デルカダール王国に行き王様に会ったが捕まってしまったことなど事情を話すと状況が飲み込めたおじいさん。

おじいさんはイシの大滝にある三角岩を掘ってみなさいといいます。

23

おじいさんと話していると映像がぶれるような現象が起こっています。やはりここは過去のイシの村、もうすぐそのイメージが崩れてしまいそうです。

おじいさんがいる川から村へと戻り真ん中にある命の大樹の根が絡まった木のところへと向かいます。するとその過去のイメージが崩れ本当のイシの村が明らかになってきます。

しかし、そこは凄惨な状況となっていました。

24

家は崩され、そして焼き払った跡があります。そこには当然村人の姿は一人も見当たりません。

先ほどの平和な過去のイシの村が懐かしく思えます。エマやぺルラはどうなってしまったんでしょうか。その先を想像したくはありませんがこの様子を見ればその回答は言わずもがなです。

おそらく主人公が捕まった後デルカダールの兵士たちが村を焼き払ったんでしょう。

デルカダールはなんてひどい仕打ちをするのでしょうか。ただ勇者を育てたそれだけの村だというのに。

しかし、もう誰もいないイシの村にいても仕方がありません。

おじいさんの言葉通りイシの大滝を目指す主人公たちでした。

まとめ

以上、ドラクエ11プレイ日記vol.3を書いてきました。

これまで捕まりはしたものの冒険を楽しく進めてきましたが、ここで悲しい展開となってしまいました。

あんなにかわいかったエマにはもう会えないのでしょうか。そして、ぺルラにも。

ついこの前まで元気だったのが嘘のようです。

できれば実は生きていたとかそういう展開が来てほしいものです。

ということで次回はおじいさんの言葉に従いイシの大滝からスタートです。

では、またお会いしましょう!

ドラクエ11プレイ日記vol.4:デルカダール神殿・ホムラの里

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする