ドラクエ11プレイ日記vol.5:荒野の地下迷宮・サマディー王国

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラクエ11プレイ日記vol.5

前回旅立ちのほこらから荒野へとワープしホムラの里にたどり着くところまで進みました。そこで、ベロニカと出会い妹を助けに行くこととなりました。

ベロニカの妹は果たして無事なのか??

ということでドラクエ11のプレイ日記vol.5を書いていきたいと思います。

※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
Copyright (C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

1.荒野の地下迷宮

ベロニカをさらったモンスターのアジトは荒野の地下迷宮にあるようです。荒野の地下迷宮はホムラの里から北西に進んだところにあります。

①

地下迷宮のマップはこんな感じです。

②

それほど複雑ではなさそうです。西側から進んでいくと命の大樹があるので過去を見てみます。するとシャドーのようなモンスターがこの先は落とし穴があったなと言っています。

③

命の大樹から少し進んだところに過去と同じところがあったのでそこを避けて通ります。

④

回り道をして北側へ進むと女神像がある休憩スポットにたどり着きました。しかし、そこには倒れている女性の姿があります。

⑤

この女性こそがベロニカが探していた妹、セーニャでした!

倒れているけど大丈夫なのか??

と思ったらただ寝ているだけでした(^^;

⑥

というか小さいベロニカの妹が大きいセーニャとはこれいかに??

と思っていたらどうやらベロニカはモンスターに捕まった時魔力を吸い取られ同時に年齢も若くなってしまったとのこと。

ということで本当はセーニャと同じくらい大きいようです。大きくなった姿も見てみたい…。小さいベロニカもかなりかわいいので大きくなったらさぞ美人なのではないでしょうか。

早く呪い解けないかなあ。でも、物語的にずっとこのままな気もしますが。

セーニャも助けたことだし、あとはベロニカの魔力を取り戻すだけ

一応ホムラの里を出てからベロニカは戦闘に加わっていますが操作はできずしかも魔法は使えず物理攻撃のみとなっています。

早くベロニカが魔法使っているところみたい…。

ということでモンスターを退治しに行きましょう。この休憩スポットからさらに北へと向かうとまたも命の大樹があります。

⑦

過去を見るとこの先の扉を開くには合言葉が必要で、その合言葉とは『ヤミ心あれば、カゲ心』のようです。

33

このシャドーは本当に親切だなあ笑

過去も見たので先にある扉の前で同じ合言葉を言います。すると扉が開き先に進むことができました。

すると先にはボスのようなトカゲがいます。部下のシャドーたちに睨みを利かせているようです。

⑧

このトカゲもいずれ現れる魔王様という発言をしています。ということは今はいないけど今後は魔王が復活する可能性があるということでしょうか。

このトカゲがまさにベロニカの魔力を奪った張本人。脇につぼが置いてありそこに魔力が封じ込まれている様子。

⑨

ばれないように扉からすぐのところで様子を見ていると突然後ろの扉が開きます。扉の先からは手下のシャドーが!後ろを振り向いたベロニカと顔を合わせてしまいあらびっくり!

⑩

ここで叫んでしまいトカゲにもばれてしまいました。というわけでこのトカゲのボス、デンダとの戦闘の始まりです。

⑪

相手はデンダデンダのこぶん×3。とりあえずラリホーとかを使ってくるこぶんから退治します。強いのかと思ったらさほど強くないので簡単に倒すことができます。

そして、デンダですが大きく息を吸い込んで冷たい息を放ってくるので少々厄介です。

でも、セーニャが回復してくれるのでさほどきつくはありません。やっぱりこの4人組はバランスがいいなあ。そうこうしているうちに攻撃を重ねるとすぐに倒すことができました。

⑫

やっぱりレベル上げすぎかな?というか結構難易度低いなあ。

デンダも倒したのであとはつぼから魔力を取り戻すだけ。つぼを開けるとピンク色の煙がわんさか出てきます。

⑬

これでベロニカも大きい姿に戻るんでしょうか。

⑭

と思ったらやっぱりもとの大きさのまま。でも、魔力は戻ったようです。ベロニカが言うにはこの魔力のほかにももう一人捕まっている人がいるとのことでその人を助けに行きます。

先に進むと牢屋がありそこに収監されているようです。

⑮

誰だこのおっさんは。

よくわかりませんがとりあえず助けます。今後ストーリーに絡んでくるのか??

救出も終わったのでベロニカたちと共にホムラの里へと戻ります。

そこでベロニカたちとの会話イベントです。

ベロニカとセーニャは勇者を守る宿命を負って生まれてきた聖地ラムダの一族。そして、勇者とゆかりの深い命の大樹へと勇者を導く使命を負っているとのこと。

でも、空に浮かんでいる命の大樹への行き方はわからない。さて、どうしたものかと悩んでいるとカミュがあることを思い出します。

あることとは先ほど荒野の地下迷宮で助けたおっさんのことです。

このおっさんは有名な情報屋のようで命の大樹についても何か知っているかもしれない。ということでおっさんに会いに酒場へ行きます。

⑯

酒場へ行くと風呂の中にいた少女、ルコと一緒にいるようです。そういえばこんな少女いたな…。というかおっさんを助ける時にこのルコの名前を呼んでたな。このルコが探していたパパがこのおっさんだったようです。

おっさん、情報屋ルパスに話を聞いてみるとサマディー王国で七色に輝く枝を見たとの情報をくれました。それこそ命の大樹の枝なのでは??

ということでその枝を手に入れるため今度はサマディー王国へと向かうこととなりました。

次の行き先も決まりここで正式にベロニカとセーニャが仲間に加わりました。これでパーティは4人!

勇者と魔法使いと僧侶と盗賊?という結構バランスの良いパーティとなりました。これで今後の旅も楽に進めそうです。

主人公はベロニカからサマディーへ向かうための通行手形をもらい王国へと向かうのでした。

2.サマディー地方・サマディー王国

サマディー王国はホムラの里から南西にある砂漠の中に位置しているので早速馬に乗り向かいます。

⑱

途中関所があるのでそこで先ほどの通行手形を見せて通してもらいます。

⑲

そこから馬でぱっからぱっから進むとサマディー王国です。

⑳

21

早速武器防具屋に行きますがパーティが4人になったこともあって全部は買い足すことができなそうです。町の探索もしたいですがとりあえずお金貯めが先ということで外に出てモンスターを倒しまくります。

レベル16になるまで修行しお金を貯めました。これで武器防具を全部揃えられる!

僕の場合、毎回新しい武器防具が売られていたら全部買わないと気が済まないたちなんですよね~。多分全部揃えなくても次のボスとかは倒せるんでしょうけど毎回このように修行をしてしまいます。

ドラクエ11は戦闘もロード時間が少なくサクサク倒せるので修行もしやすいです。

ということで武器防具も揃えたので早速大樹の枝を求めてへと向かいます。

お城に行って王様に話かけるとこの国での伝統行事、馬のレース、ファーリス杯の準備のため忙しくかまってられないとのこと。

22

そんなぁー、と思っているとちょうどそこに王子であるファーリスが帰ってきました。

23

大樹の枝が必要というと主人公のことをジロジロ眺めるファーリス王子。

枝のことで役に立てるかもということで後で王子の部屋へ来てほしいとのこと。何かお願いことをされる予感…。

と言っても仕方がないので王子の部屋へと向かいます。

24

部屋に行くとやっぱり枝を譲るよう王様にお願いする代わりに頼みを聞いてくれとのこと。そして、細かい内容についてはサーカスを見ながら話すとのことです。

というわけで夜まで待ち町のサーカスを見ながら王子との密談です。そのサーカスでは旅芸人シルビアがサーカスの客を魅了していました。

25

このシルビアもソフトのパッケージに載っていたので仲間になるのかな…。

サーカスを見てみたいところですが、目的は王子との密談。早速頼みの内容を聞きます。

26

王子の頼みとは馬のレース、ファーリス杯で王子の代わりに主人公がレースに出てくれないかということでした。

王子は王様には大きな口をたたいていたくせに馬に乗れないようです。レース中は鎧も兜も装備するので見た目ではばれっこないとのこと。

何だこの調子のいい王子は。このやろうと思いましたが枝を手に入れるためにはほかに道はないようです。ということで渋々王子の頼みを聞いてあげることとなりました。

そして、レース当日控室で鎧と兜をかぶり王子になり変わります。

27

そして馬に乗っていざレースへと参戦します。

28

レースには大勢の観客が詰め寄せています。

レースには昨晩サーカスに出ていたシルビアも参戦するようです。

29

サーカスだけでなく馬も乗れるなんて器用なやっちゃなあ。

ここでレースの始まりです。

レースの画像を取り忘れてしまいましたがまるでマリオカートのようなミニゲームとなっていました。今後このミニゲームをクリアしないと手に入れられないアイテムとかありそう…。

初めてのレースでしたが一応2着でゴールインしました。でも、順位は関係ないのかな?無事レースのイベントも完了することができました。

30

そして、影武者でのレースだったことを知らない王様はその走りっぷりに感動し王子を呼びだしました。

このタイミングで王様に枝をくれるように頼んでくれるはずというところで、忙しく何かの報告を王様に告げる兵士。

31

なんと砂漠の殺し屋と呼ばれる化け物サソリが砂漠に出没したとのことでした。

ここでちょうど良いと思ったのか王様は王子にそのサソリの討伐を命じます。するとビビりまくる王子。また、部屋に主人公たちを呼び出します。これは嫌な予感がするぞ…。

部屋に行くとやっぱりサソリ討伐を代わりにやってほしいと懇願する王子。

32

今まで訓練のクの字もやっていないので絶対に倒せないとのこと。このくそ王子め。でも、命の大樹の枝を手に入れるためには仕方がないので承諾するしかない主人公たち。

ということで次はこのサソリ退治に向かいます。

まとめ

以上、ドラクエ11プレイ日記vol.5を書いてきました。

ファーリス王子は本当にクソ王子ですね。なんかドラクエってこういうダメな王子結構多い気がします。でも、おそらくこういう王子に限って後で成長したりするんですよね。

木の枝を手に入れたいだけなのにうまーく回り道をさせられていてさすが王道のRPGです。

というわけで次は王子に代わってサソリの討伐から始まります。

では、次回またお会いしましょう!

ドラクエ11プレイ日記vol.6:バクラバ砂丘・ダーハルーネ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする