ドラクエ11プレイ日記vol.8:グロッタの町・グロッタ地下遺構

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラクエ11プレイ日記vol.8

前回は念願のを手に入れ命の大樹の枝を持っている行商人を追ってバンデルフォン地方に着くところまで進みました。

果たしてこの地で命の大樹の枝を手に入れることができるのか??

ということでドラクエ11のプレイ日記vol.8を書いていきたいと思います。

※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
Copyright (C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

1.グロッタの町

バンデルフォン地方を北西に進み、ユグノア地方に行きさらに進むとグロッタの町がありました。

グロッタの町

入り口近くの姉ちゃんによればここでは仮面武闘会という催し物が開催されるようです。

バニーガール

しかもその武闘会の優勝賞品は虹色の枝

虹色の枝

これは出場しないわけにはいきません。

早速受付に話しかけて参加を表明します。すると受付裏手のエレベーターに入れるようになるので会場へと向かいます。

会場へ入るとすぐに武闘会の始まりです。仮面武闘会は選手同士でペアになって参加するようです。そこで、まずはペア決めから始まります。

最初に選ばれたのは主人公と女性の武道家

マルティナ

おっぱい大きくて可憐なお姉さんです。この子もソフトのパッケージに出てたので仲間になるのかな。

とか思っていたら何やら参加選手のじいさんからクレームが入り抽選が無効となってしまいました。

ロウ

まあまだペアがどんな奴かもわからないので別にいいけど…。

では、気を取り直して再度主人公のペアを決めるべく抽選をします。

すると今度は前回のチャンピオン、ハンフリーが選ばれました。

ハンフリー

前回のチャンピオンということは強いのかな?これは抽選としてはアタリのようです。

この日は抽選会だけで試合はまた翌日に行われるとのこと。参加選手は宿屋が無料で泊まれるようなので宿屋に向かっていると町中でベロニカが問題を起こしています。

ベロニカ

武闘会の出場選手がぶつかってきたとのことで喧嘩をしています。ベロニカはどの町でも問題を起こすなあ…。

とそこに現れる主人公のペアであるハンフリー。

ハンフリー

前回チャンピオンだけあって貫禄があります。その落ち着いた口調で喧嘩を仲裁するハンフリー。なんかこいついい奴そうだけど怪しいな…。目も細いし…。

喧嘩も終わったので宿屋で宿泊します。朝になると部屋にはハンフリーが起こしに来ていました。

ハンフリー

さあ予選試合に行こうぜ!というハンフリー。ええ…、勝手に部屋まで入ってこないでくれる?気持ち悪いんですけど。

というわけで仮面武闘会の予選の始まりです。

最初の相手はベロリンマンガレムソン

ベロリンマンとガレムソン

適当な見た目をしていますがこいつら何気に強かったです。

特にガレムソン!こいつが攻撃してくると結構な確率で痛恨の一撃となってしまい、一発で60くらい食らいます。たまたまこの痛恨を連続で食らってしまい一回死亡してしまいました…。

やばい教会からやり直しだ…、と思っていたら主人公がやられた後ハンフリーが引き分けに持ち込み再試合となっていました。全滅しないようにできてんだな、よかった!

ということで再試合の始まりです。

ガレムソンの痛恨連発はもはや運次第なので放っておくしかありません。今度は連発で痛恨という状況は避けることができました。でも、怖いのでガレムソンを先に倒します。残りのベロリンマンは分身を使ってきてうざいですが個々の攻撃はそこまで食らわないので安心です。

という流れで無事倒すことができました。

これで予選突破です。

何気に人知れずカミュも参戦していたようですが、最初に主人公のペアとなった女性にコテンパンにやられていました笑

カミュ

予選が終わったのでしばし休憩の時間です。受け付けのあたりでカミュのだらしなさについて話しているとカミュの対戦相手の女性とすれ違います。

そこで、すれ違いざまに主人公に『ハンフリーには気をつけなさい』という女性。

確かに、勝手に宿屋の部屋にまで入ってくる変態だからな…。それを聞いたセーニャがこの町で起こっている行方不明事件について触れます。

この町では仮面武闘会に参加する闘士が行方不明になる事件が起こっているとのこと。

という流れで相方のハンフリーが不安ということで様子を見に行くこととなりました。別に女の子でもあるまいし心配しなくてもいいと思うけど…。

追いかけて近づくと攻撃のポーズをしてくるハンフリー。

ハンフリー

行方不明事件の犯人かと思ったぜといいます。ちげえしこの変態め。

話してみるとハンフリーは孤児院の出身で今も孤児院のために武闘会の賞金を使っているとのこと。

孤児院

いい奴っぽくて逆に怪しい…。ハンフリーと話し込んでいると突然ハンフリーの部屋の方から怪しい音が。なんとハンフリーのー部屋に泥棒が入ったとのこと。とてつもなく興味がねえ…。

ハンフリー

犯人はわからずじまいですが時間も遅いので泊まって行けというハンフリー。やっぱり怪しいですが仕方なく泊まっていく主人公。

翌日には待ちに待った仮面武闘会の決勝トーナメントです。

最初の相手はビビアンサイデリアチームです。

ビビアンとサイデリア

ビビアンは魔法主体、サイデリアは物理攻撃主体です。ビビアンがベホイミを使ってきてうざいので先に倒します。

ビビアンは他にもベギラマを使ってきたりするので早めに倒します。

残ったサイデリアはキッスをしてきたりしますが回復するわけでもないのであまり強くありません。ということで攻撃を重ね倒すことができました。

次の相手はレディ・マッシブマスク・ザ・ハンサム

シルビア

明らかに片方知っている顔なんですが…。

こっそりと出場してしかも決勝まで進んでいたシルビア。仲間だからといって容赦はしないぜ!

レディ・マッシブことシルビアは通常攻撃とボワゾンキッスという変な技を繰り出してきます。

通常攻撃は20ほど、ボワゾンキッスは30ほどくらい追加で毒を食らいます。でも回復してくるわけでもないのでさほど強くはありません。

もう一方のマスク・ザ・ハンサムもブーメランでの全体攻撃が10ほど、必殺技のシャインスコールが30ほどでこちらもそこまで強敵ではありません。

他にもハンサムブレーカーという連携技を使ってきますがこれも20ほどのダメージ。

主人公による回復をしながら攻撃を重ねると倒すことができました。

シルビアたちを倒すと遂に決勝戦です。相手はペアになるはずだったマルティナと怪しいご老人ロウとの対戦です。

マルティナとロウ

決勝戦が始まる前に何やら怪しげなドリンクを飲むハンフリー。こいつを飲むと調子がいいんだといっています。

明らかにドーピングだろそれ。

相手のマルティナ達もその存在に気づいています。ルール上問題ないのかとも思いましたが司会もそこに注目するでもなく進行しています。大丈夫ならいいけどやっぱりハンフリー怪しい…。

ということでマルティナたちとの決勝戦が始まります。

武道家であるマルティナは通常攻撃とムーサルト、しんくうげりといった物理攻撃をしてきます。どれも20~30ほどのダメージ。

厄介なのはロウの方で回復呪文であるベホイミだけでなくドルマヒャダルコを唱えてきます。これも40ほど食らうので結構なダメージです。他にもラリホーを使って眠らせようともしてきます。

面倒なのはロウ。ということで先にロウを倒します。ロウを倒してしまえば回復もできずじり貧です。マルティナを集中攻撃すれば勝利です。

戦っている途中ではロウが主人公の手のあざにびっくりする様子も映し出されます。やっぱりこの老人も何やら知っていそうです。

結果は主人公とハンフリーの勝利。見事優勝です。

しかし、これから表彰式というところで倒れてしまうハンフリー。絶対あのドーピングのせいだろ…。

表彰式は後日ということでまた宿屋に泊まります。

休んでいるとノックの音がして開けるとそこにはロウの姿が。勝手に部屋に入っているハンフリーと違って紳士的な対応です。

ロウの話を聞くとマルティナが行方不明になってしまったので助けてほしいとのこと。

きれいな女性のためなら何でもするぜ!ということで快諾する主人公。マルティナの姿が見えなくなったのは孤児院の近くということでそこに向かいます。

孤児院に行くとハンフリーの姿が見えないこと、そして、見たことのない穴が孤児院に空いていることがわかりました。

孤児院の穴

明らかにこの穴が怪しい…。ここにハンフリーがいるのではということで入っていきます。

2.グロッタ地下遺構

入った穴はグロッタ地下遺構。何やら蜘蛛の巣が張り巡らされたダンジョンのようです。

この蜘蛛の巣を払いながら進んでい行きます。

グロッタ地下遺構

途中進んでいるとやけにでっかいモンスターがいます。

トロル

トロルや!でかい!でも、ボスではなさそうだし戦いを挑んでみます。

通常攻撃はなんと60ほど食らいます。やっぱり強え!でも攻撃力だけでスピードも遅くHPもそこまで高くないので苦戦せずに倒せます。

ここには宝箱が結構ありました。

アサシンダガーやブルーアイ、世界樹の葉、魔法の聖水があるので取り逃しがないようにします。途中宝箱が二つ並んでいるところがありますが右側の一つは人食い箱なので戦いたくない場合は開けない方がいいでしょう。

先に進んでいくとこのようなドアがあるのでこの先に進むとイベントの始まりです。

グロッタ地下遺構

ドアを開けると探していたハンフリーの姿があります。

グロッタ地下遺構

なんか繭みたいなものに包まれているものが何個もぶら下がっています。これがもしかして行方不明になった闘士たち?

そして、捕まえたマルティナをアラクラトロという巨大なクモのモンスターに献上をしようとするハンフリー。

アラクラトロ

やっぱりこいつが犯人か!

捕まっていたと思われていたマルティナは立ち上がり対抗しようとします。マルティナは黒幕が誰かを知るためにわざと捕まっていた模様。

このアラクラトロは捕まえた闘士のエキスを吸いかつて食らったダメージを回復させていたようです。

ハンフリーが武闘会で飲んでいたドリンクもその闘士のエキスだったのです。人間のエキスを飲むとか想像しただけで気持ち悪いな…。

そして、マルティナに助太刀する形で参戦する主人公たち。ここでアラクラトロとの戦闘の始まりです。

アラクラトロ

このアラクラトロが結構強い!まずたくさんやってくるのはメダパニーマです。これで全員を混乱させてくるので厄介です。

そして、通常攻撃は30~50ほどと結構食らいます。しかも追加で毒なのでこれもキアリーで回復する必要があります。そして他にもシグモのとげという技も使ってきて全員に30ほど食らいます。

でも、このときのレベルは23。ダンジョン内のモンスターも逐一倒していたのでレベルは結構上がっています。ということで攻撃を重ねていくと無事倒すことができました。

アラクラトロを倒すと反省するハンフリー。

ハンフリー

孤児院を守るためには仕方なかったといいます。

孤児院を守るというその決意を努力に向けなかったのは自身の弱さであると説くロウ。

しかし、ロウは町長にツテがあり孤児院を守るために手を打つよう頼んでみるといいます。

さすがご老人、大人な対応やで。

3.グロッタの町(2回目)

アラクラトロも倒したのでグロッタの町まで戻ります。そして、宿屋で休んだ後は仮面武闘会の表彰式です。

表彰式くらいは無事に終わるかと思ったら優勝賞品授与の前にハンフリー対主人公でエキシビジョンマッチがしたいと願い出るハンフリー。

ハンフリー

ここで勝った方が商品を手に入れるとのことです。

ハンフリーの覚悟を正直に受けとめる主人公。

ここでハンフリーとのバトルが始まります。が、エキスを飲んでいないハンフリーはそこまで強くありません。なんなく倒す主人公。これで虹色の枝は主人公のものです。

長かった…サマディー王国にいってサソリを倒し、ダーハルーネで兵士に追われながらも船を手に入れと長い道のりでしたがこれでやっと虹色の枝を手に入れることができます。

遂に、遂にと思っていたら…

虹色の枝が盗まれた

虹色の枝が盗まれてしまったとの報告が!!

まだ手に入らないんかい!!

盗んだ犯人は主人公あての手紙を残していた模様。

なんと盗んだのは先ほど一緒に戦ったロウ。虹色の枝が欲しいならばユグノア城跡まで来いとのこと。

盗まれてはしまいましたがこれまでの言動を見るとロウが何か企んでいるということはなさそうです。ということで虹色の枝を追って主人公の故郷でもあるユグノア城まで向かうこととなります。

まとめ

以上、ドラクエ11プレイ日記vol.8を書いてきました。

グロッタの町が何気に長かった…。怪しいと思っていたハンフリーがやっぱり黒幕で安心しました。このわかりやすいストーリーがいいですね。

そして、遂に虹色の枝を手に入れられると思ったらまたも盗まれてしまう事態に…。勿体ぶりすぎだろいくら何でも。でも、流れ的にそろそろ手に入る気もしてきます。

さらに今度は主人公の故郷でもあるユグノア城です。ということは何かしら主人公の出生の秘密やらが明らかになるはず。かなり気になります。

ということで次回はユグノア城跡からスタートです。

では、次回またお会いしましょう!

ドラクエ11プレイ日記vol.9:ユグノア城跡・ソルティコの町

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする