キングダムハーツ3プレイ日記vol.8:ベイマックス(サンフランソウキョウ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キングダムハーツ3プレイ日記

前回ザ・カリビアン(パイレーツオブカリビアン)でデイヴィ・ジョーンズを倒すところまで進みました。

残るワールドはサンフランソウキョウだけ。おそらくベイマックスです。

ということでキングダムハーツ3プレイ日記vol.8を書いていきたいと思います。

※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX
※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。






1.サンフランソウキョウ

サンフランソウキョウに行きたどり着いたのは鳥居が柱になっている橋の上。そこには車がたくさんあり、あまり行く機会のない都会に興奮するソラ。

テンションが上がるソラ、ですが、すぐにハートレスが現れて邪魔をしてきます。

いつも通り倒そうとするソラ達。するとそこに何やら飛んで近づいてくる者たちが。

おー!!ベイマックスだ!!最初からこの戦闘モードなんだ!どうやらベイマックスとその指示を出すヒロはハートレスを退治しに来た模様。ということで協力して倒します。現れたのは巨大ハートレスの中ボス。いきなり中ボスか。

巨大で攻撃力は高いですが、攻撃パターンは少なく避けるのは余裕。普通に攻撃していれば倒すことができます。

無事巨大ハートレスを倒し、ヒロたちのアジトに行きます。そこにはヒロたちの仲間たちが勢ぞろいしていました。その6人を合わせてビッグヒーローシックスというらしいです。

対抗してキーブレードヒーロー3だと言い出すソラ。

そもそも僕たちキーブレード使えないしとツッコむグーフィー。

ビッグヒーローシックスは初めて戦うハートレスにかなり苦戦していた模様。ということでシュギョウして強くなんなきゃな!という感じらしいです。

シュギョウをするために手始めにARデバイスをソラに渡すヒロ。

ARデバイスを装着すると行動データを収集できるらしいです。ハートレス戦に慣れたソラの行動データを採取してそれを参考にするというわけですね。

ARというとポケモンGOみたいな感じですね。現実世界にプラスアルファの仮想体験を加える的な。

そして、そのシュギョウをするためにヒロがプログラムしたARステージ、フラッシュトレーサーをクリアすればいいらしいです。

そのフラッシュトレーサーの舞台はサンフランソウキョウの大都会の街。その街の中に輪っかが浮かんでいるのでそれをくぐっていくステージみたいです。

最初はどこに行けばいいのかわからないくなりますが、紫色のマーカーが次に行くべきところを指示してくれるのでそれに従って進むだけで済みます。これは難しいというものでもないのですぐにクリアできます。

いろんなデータが集まって各人が強くなるイメージができた模様。こいつら結構頭いいみたいです。

これでシュギョウも完了!というところで街にハートレスが出たというニュースが流れます。シュギョウの成果を見せる時が来た!とタイミングよく出撃の機会を得たのですぐに向かうビッグヒーローシックスとキーブレードヒーロースリー。

街に着きいたるところに出現しているハートレスを退治していきます。すると今度は恐竜型の巨大ハートレスが現れました。ここでまた中ボス戦だな。

キングダムハーツはこうでなくちゃ!やっぱり普通の戦闘やってこそキングダムハーツだよね!どこかの海賊世界とは大違いで安心です。

こいつが攻撃食らうところが頭と背中の一部だけでダメージが与えにくくてちょっと苦労しました。攻撃力も結構高くなかなかの強敵です。ですが、このワールドから買えるようになったハイポーションを使いながら地道にダメージを与えていき無事倒すことができました。

ハートレスを無事倒しておしまいとおもいきや今度は小さい箱みたいなものが無数に集まっているモンスターのようなものを発見します。

また敵だということで退治しにいくビッグヒーローシックス。しかし、ヒロはそのモンスターが見たことがあるみたいです。というのも以前ヒロが作ったマイクロボットに似ている。しかし、マイクロボット前に消えてしまったはず。今いるのは何かがおかしい。

マイクロボットだとしたら誰かが操っているかもしれない。ということでヒロはその正体を調べてみるようです。代わりに先に行くソラ達。たどり着くと戦闘になりますが、攻撃しても全然手ごたえがありません。

正体を調べていたヒロはそのマイクロボットのようなものはどこかにコアがあってそれが群れ全体を動かしているらしいです。

ビッグヒーローシックスの一人、フレッドがマイクロボットのことをダークキューブと名付けたので今後はダークキューブと呼びます。

ヒロはダークキューブのコアを見つける方法を探すのでその間ソラにはビッグヒーローシックスのみんなの援護を頼んできました。

よしきたとその依頼を受けるとマーカーに各ヒーローが表示されます。ハニーレモン、ワサビ、ゴーゴー、フレッドを助けに行くこととなりました。

これがまあめんどくさい、というか解放方法がわかりづらすぎて少しはまりました。ハニーレモンはダークキューブが触手のようなもので建物にくっついているので建物との接合部分に魔法をかけると解除できるようになっています。使う魔法はその色で分かれています。赤ならファイア、黄色ならサンダーとかそんな感じですね。この魔法を全部唱え終わればハニーレモンの援護は終了です。

お次はゴーゴー。ゴーゴーは巨大な球体型のダークキューブに包まれてしまっているので、こちらも巨大な球体、ということでシュギョウの時にも使った巨大ダルマに乗って衝突してゴーゴーから引き離します。これでゴーゴーは終わり。

さらに次はワサビ。ワサビは結構簡単で近くに風が上空に出ている場所があるのでそれに乗って上空に飛び空高くから攻撃するだけです。ただワサビはマーカー自体が高くにあり発見しづらいのがちょっと面倒かもしれません。

最後にフレッド。ここで一番はまりました。フレッドもダークキューブに包まれているんですが、そのダークキューブが近くの柱にくっついて離れません。その接合部分を攻撃してもダメージはなくすぐに元に戻ってしまいます。どうすればいいんだ??と悩みまくりました。この各ヒーローを助けるイベントには表示されていないものの時間制限があり、あまりにクリアが遅いと全滅してしまうことがあります。正直なところ一回全滅しました。そのくらいはまりました。

こうしてはまっていてもらちが明かないので攻略サイトを見てしまいました。見てみるとダークキューブ自身ではなく柱の方をどうにかするみたいです。柱に向かってエアスライドをすればいいと。それを各柱にやってみるとなんとか救助することができました。結局よくわかんなかったな…。

とりあえずこれで各ヒーローの援護はおしまいです。

もう少しでコアを特定するプログラムが完成しそうだというヒロ。

そして、ソラ達もダークキューブが集まっている場所を見つけることができました。そこに行くと今度は13機関のコートを着たやつがいます。今度は誰だよ…。13機関って最初必ずフードかぶっているから誰だか分んないんだよな…。と思っていたら結構簡単にフードを取りました。

フードの中から出てきた顔は何とリク!なんでリクが??でも、なんか若いし偽物だろ。

このリク?は何やら実験をしている模様。実験とかトイストーリーの世界で若いゼアノートも言ってたな。

実験ということで何やらカードみたいのを使っている模様。そのカードを見て驚くヒロ。そのカードはヒロが最初に作ったベイマックスの戦闘プログラムチップのようです。そのプログラムはいわばベイマックスの心。そのチップを使ってニセリクはデータ化した心を移す実験を行っているようです。

とここでダークキューブとの戦闘です。このダークキューブとの戦いはそこまで覚えていない笑 そこまで強くもなく普通に攻撃していたら倒せたと思います。ただちょっと狙いを定めるのが面倒だった気がします。

ダークキューブを倒すとまたニセリクとの会話イベントです。

ソラは本当にリクなのかをこのニセリクに再び問います。しかし、とまどうソラに対して冷静なドナルドとグーフィー。アンセムやゼムナスのように倒したはずの強敵が復活しているということは、このリクも復活した姿。きっとアンセムと同化していた時のリクであるといいます。

※ここら辺からちょっと説明口調です。意味がずれてしまうと困るためほぼゲームで流れた字幕通り書いています。

肉体を持っているならまだしも目に見えない存在なら時間を超えられるとニセリクは続けます。ゼアノートは自ら心だけの存在となり、時間をさかのぼりました。まずリクたちの時代に現れリクの体と融合しアンセムとなり、一方抜け殻として元の時代に残っていたゼムナスは機関を結成し計画を進めました。それらによってゼアノートの心と接触した多くの心をこの時代に集結させたのが真13機関。そして、ニセリクたちのように過去から来た真13機関のメンバーはこのいまの時代に用意された器に心だけ移した。それが完成されたレプリカ計画のようです。これらを言って実験の続きを進めるために姿を消すニセリク。

ここでさらにリクを追いたいソラとヒロ。ですが、仲間たちはすでにボロボロ。休養が必要だとベイマックスは言います。しかたなくアジトに戻るヒロたち。そこで初代ベイマックスのことをヒロから聞きます。今ここにいるのは2代目ベイマックスで初代ベイマックスはマイクロボットと一緒に異空間に消えたはずだといいます。その初代ベイマックスのチップがあるということはどこかにベイマックス自体もいるのではないか。

そして。改めて再度ニセリクに戦いを挑みに行くソラ達。ニセリクはダークキューブを使って

集めた心のデータ、完全な心となったデータを初代ベイマックスの体に埋め込みます。

なんかマジンガーZみたいな肉体してんな初代ベイマックス。

ここでこの初代ベイマックスとのボス戦が始まります。

初代ベイマックス戦は空中戦、2代目ベイマックスの背中にソラが乗り二人で戦います。操作できるのはR2ボタンのショット、○ボタンのアタック、□ボタンのエアドッジ、×ボタンのケアスプレーのみです。

基本的にはショットのみで攻撃しますがこれがまあ全然食らいません。雀の涙程度しかHPを削れませんが、それでも空中戦で当たるのがショットのみなのでこれをくらわしていきます。

結構くらわしていくとリアクションコマンドの技が使えるようになるのでこれを逐一放っていきます。あとは基本的に攻撃を避け続けます。×ボタンで回復できますが、回復は通常のケアルと同様連続で使えないので再度使うまで時間を稼ぐ必要があります。なのでピンチになったエアドッジ連発します。そして、回復したらショットの連発、これの繰り返しです。結構何度も必死になりましたが根性で回復してなんとか倒すことができました。

なんとか倒した初代ベイマックスですが、完全に停止させるにはチップを壊さねばならない。心を鬼にして自分が壊すというヒロ。しかし、それは心で大切なものではないのかと問うソラ。その声を聞き入れ壊すのをやめたヒロ。初代ベイマックスはヒロによって修理され本来のケアロボットとして再び生まれ変わるのでした(結局ベイマックスが二体になりました)。

というところでこのワールドの物語も終了です。

まとめ

以上、キングダムハーツ3プレイ日記vol.8を書いてきました。

これだよこれ、これこそキングダムハーツですよ。本当に前回のザ・カリビアンはつまらなかったけどこのサンフランソウキョウは面白かったです。普通の戦闘がメインでこそキングダムハーツです。ストーリーも原作終了時点からスタートですが、齟齬もなくわかりやすかったので高評価でした。

ということでサンフランソウキョウもクリアしたので次はどこのワールドから始まることとなるのか。レベルも40近くなりおそらく中盤は越えてきていると思います。そろそろ物語も核心に進んでいくのではないかと予想します。

こんな感じで今回のプレイ日記も終了です。

では、次回またお会いしましょう!!

キングダムハーツ3のプレイ日記です。2回目の闇の世界・旅立ちの地の攻略をレポートしています。









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする